妊娠・女性ホルモンとワキガ(脇の臭い)

妊娠したらワキガになった|ワキの臭いは女性ホルモンと関係あるの?

妊娠したらワキガになった|ワキの臭いは女性ホルモンと関係あるの?

妊娠とワキガ(脇の臭い)の関係

女性のワキの臭いはいつから強くなるのかっていうと、はじめて生理がきたあたりからっていわれてるんですね。そうして段々と臭いの度合いが増していくんだそうです。

 

どうしてワキの臭いがきつくなっていくのかっていうと、アポクリン腺や皮脂腺の発達が関係してるんです。それで、これらのはたらきが盛んになるのが思春期の頃なんです。

 

これってつまり女性ホルモンとワキの臭いが関係してるっていうことなんですけど、ほかにも女性にはワキの臭いがきつくなるきっかけっていうのがあるんです。

 

生理前や排卵日周辺はワキの臭い(ワキガ)がきつくなるっていう話もよく聞くんじゃないでしょうか。

 

ほかには、たとえば、妊娠や出産なんかを挙げることができますね。

 

女性の場合、普段はそんなにワキの臭いが気にならなくても、妊娠や出産をきっかけに臭いが目立つようになるっていう人が少なくないんです。

 

ただこれはずっとワキガ臭として定着するっていうわけじゃなくて、あくまで妊娠中などだけの一時的な現象みたいですね。

 

ただ、一時的っていわれても当の本人はやっぱり気になりますから、ワキの臭い対策をするといいですね。

 

ワキガ臭を予防するデオドラント剤があれば、妊娠や出産を機に目立つワキガ臭を上手く抑えることができるんじゃないでしょうか。

 

ワキガ臭の予防効果に優れているデオドラント剤っていうとラポマインなんかがあるんですけど、使用するとしたら念のためお医者さんに相談したほうがいいですね。

 

ラポマインは無添加、天然成分配合で安全に使用できるでしょうけど、妊娠中や授乳中になにかあるとたいへんですからね。


スポンサードリンク